19 5月

NISAをはじめるにあたってのポイント

わたしはこれまで投資といえば自社株の購入以外考えたことはありませんでした。もちろん、子供の養育費や保険などはプランニングしてきちんと今年40歳になるまできちんとやってきまたつもりです。もちろん、これまでも資金に余裕があれば投資も考えたのですが。そこでNISAが出てきたわけです。手元資金も少し余裕が出てきたので何か投資をと考えていましたのでちょうどいいタイミングでした。証券会社の口座もインターネットバンクの口座をブリッジする形ですぐに開設することができました。また、NISAを始めるにあたっても一攫千金を狙うわけではなく、基本的には長期保有をもくろみたいと考えています。

NISAを実際に利用する際に注意したほうがいいことには、どのようなことがあるのでしょうか。問題はやはり「100万円」という枠です。普段、短期の株式投資を繰り返すスタイルの投資を行っている方がいるとして、NISAの口座を使ってそのようなことをしたら、あっというまに枠を使いきってしまいます。例えば100万円の商品を1度に購入したら、その年の枠は終了です。売っても残りの枠は戻ってきません。さらに、赤字分を翌年に繰り越すことができる損益通算の対象外ともなっているので、NISAでは長期の投資を選んだほうが得策、といえるのです。具体的には、配当を受け取るために持っている、先々の伸びに期待している、といった「早期に売る予定のない」株式、に向いている制度ということになります。

(引用:少額投資非課税制度(日本版ISA)にまつわる疑問)

リスクは少なくして、株主優待などでふだんの生活でメリットを生みだしたり、配当金が多少あればいいかなと考えています。多少株価が下がったとしても前述のようなメリットが出てくれば、問題ないかと考えています。とにかく生活に寄り添う銘柄を探して購入する予定です。

19 5月

NISAとは何か?

2014年からスタートした「NISA」というサービスをご存知でしょうか?

NISAとは日本版ISA (Individual Savings Account)という意味で名づけられました。
Individual Savings Accountの頭文字をとったISAは、イギリスで導入されている小額投資非課税制度です。
これまで軽減税率によって株式投資による配当金や売買益は10%に抑えられてきましたが、平成26年(2014年)1月から廃止され、このNISAという優遇税制が日本でも導入される事になり、様々な投資商品を取り扱う証券会社や、投資家の方たちに現在最も注目されているのです。

(引用:NISAのデメリットとは?NISA口座・ネット証券ランキング

NISAを始めるにあたって知っておくべきポイントだけをざっとまとめてみると6点ほどになります。
1点目は非課税対象は株や投資信託の値上がり益や配当金であること。

2点目は非課税投資枠は毎年100万円までであること。

3点目は期間は5年間で売却しても非課税枠の再利用はできないこと。

4点目は投資総額は最大500万円までだがはじめは100万円までであること。

5点目は制度継続期間は2014年から2023年までの10年間であること。

6点目はNISA口座資格者は20歳以上であること。

以上6点がこれからNISAを始めるにあたって知っておくとよいポイントだといえます。

9 6月

株式投資はリスク管理が第一

株価というのはなかなか人の思惑通りにいかない物です。単純にその会社の評判が上がれば上がるという物でもないのです。なので、この会社は人気商品をヒットさせたから上がるだろうとか、赤字決算だったから下がるだろうとか、そういう予測は出来ますが、それは決して確実ではありません。

株式投資は常にリスクとの戦いであると言って良いでしょう。下がる時はどんどん下がります。

もう少ししたら上がるのではないか?と期待して待っていると取り返しのつかない状態になる事は珍しい事ではありません。そんな時は損切と言って、一定の値下がりをしたらそこで売るという思い切りの良さも必要です。

上がった時ももっと上がるかも?とか思っていると、二度と同じ機会は巡って来ない事も多々あります。売るのも買うのも、ある程度自分の中で上限下限を設定しておいて、そこに来たら躊躇いなく売買するのが一番危険の少ない方法だと思うのです。

2 3月

証券会社の新卒社員

私は不動産業を営んでいるのですが、数年前に突然証券会社の若い女性の営業マンが飛び込み営業で訪ねてきて、まあ可愛らしい子だったからというのもあって株式投資を初めてしまいました。

とても感じの良い子でマメに連絡もくれるし、事務処理関係もスムーズでとても好感を持っていました。しかしとても残念なことに恐ろしく相場観が悪いのです。

私は他の証券会社とも取引をしていて毎日相場はチェックしていますので、その担当の子も毎朝相場情報の連絡をくれていましたが、とても素人のような話でそれはないだろうという感じでした。
まあそれもそのはず、その子は新卒で証券会社に入ったばかりで、全く知識がありませんでした。

証券投資は長年相場を見てその時々の値動きを察知できるように並々ならない訓練が必要なもの。むしろ私の方から「相場とは何か?」を教えてあげています。

15 12月

ニュースでわかる世界一わかりやすい株の本で勉強中

やっぱり株式投資をするには、経済の勉強をしなくちゃダメですよね。しかし、実際にニュースと株価の関係性ってどんなのか全然分からなくて、毎日ニュースを見ていても何がなんだか分からなかったんです。そこで投資の先輩でもある友達に聞いてみたら、細野真宏さんの本が分かりやすいよって教えてもらいました。

『ニュースでわかる世界一わかりやすい株の本』ってタイトルなんですけど、くまの絵がついててかわいいんです。文字も大きくて読みやすいので、ひとまずこの本を一通り読んで勉強しようと思っています。まず第一回は自社株買いと株価の動きについてです。

そういえば、企業が自社の株を買ったりすると日経新聞なんかをにぎわしています。単純にいえば、自社株を買うことで買収されにくくしたり、株主への配当金を手厚くしたりとしてる模様です。こんな感じでどんどん知識を増やしていけたらいいなと思っています。

1 12月

思うようにはいかない株価

主人が注目している銘柄が上がる兆しが見えたらしいです。その株を購入しました。すると徐々に上がりました。すると主人は長女に購入するように銘柄を伝えました。長女はインターネットでお小遣いを稼ごうとしたところが、意に反して下がってしまい購入する予算が無かったらしいです。

丁度次女が泊りに来ていました。次は次女「絶対まだまだ上がるから買え」と言っていましたが、次女は株の口座を作っていないので直ぐの間にあいませんでした。諦めた主人が次に選んだ相手は私の妹でした。でもそこは留守にしていて連絡が付きません。とうとうご近所の人に勧めに行きました。それでやっと主人の気が済んだようです。でも先日、仕事の休日に証券会社へ勇んでいきましたが、その前後からアメリカの状況が悪くなり株価も安定しなくなりました。主人は上がったら売るつもりでしたが期待外れになったようです。