15 12月

ニュースでわかる世界一わかりやすい株の本で勉強中

やっぱり株式投資をするには、経済の勉強をしなくちゃダメですよね。しかし、実際にニュースと株価の関係性ってどんなのか全然分からなくて、毎日ニュースを見ていても何がなんだか分からなかったんです。そこで投資の先輩でもある友達に聞いてみたら、細野真宏さんの本が分かりやすいよって教えてもらいました。

『ニュースでわかる世界一わかりやすい株の本』ってタイトルなんですけど、くまの絵がついててかわいいんです。文字も大きくて読みやすいので、ひとまずこの本を一通り読んで勉強しようと思っています。まず第一回は自社株買いと株価の動きについてです。

そういえば、企業が自社の株を買ったりすると日経新聞なんかをにぎわしています。単純にいえば、自社株を買うことで買収されにくくしたり、株主への配当金を手厚くしたりとしてる模様です。こんな感じでどんどん知識を増やしていけたらいいなと思っています。

1 12月

思うようにはいかない株価

主人が注目している銘柄が上がる兆しが見えたらしいです。その株を購入しました。すると徐々に上がりました。すると主人は長女に購入するように銘柄を伝えました。長女はインターネットでお小遣いを稼ごうとしたところが、意に反して下がってしまい購入する予算が無かったらしいです。

丁度次女が泊りに来ていました。次は次女「絶対まだまだ上がるから買え」と言っていましたが、次女は株の口座を作っていないので直ぐの間にあいませんでした。諦めた主人が次に選んだ相手は私の妹でした。でもそこは留守にしていて連絡が付きません。とうとうご近所の人に勧めに行きました。それでやっと主人の気が済んだようです。でも先日、仕事の休日に証券会社へ勇んでいきましたが、その前後からアメリカの状況が悪くなり株価も安定しなくなりました。主人は上がったら売るつもりでしたが期待外れになったようです。